• Windows

    新しいです

    壮大でカラフル

  • Our Process

    優先的

     

    Get Started
  • Before and After

    ?良い

    従来の

  • Other Home Enhancements



    20世紀最後の名人の至芸が甦る
    熱狂なファンや気心の知れた仲間から「朝様(ちょうさま)」と親しまれた落語家、古今亭志ん朝。20世紀最後の名人と謳われた大看板です。その志ん朝が毎年楽しみにしていた独演会がありました。神奈川県民ホールでの高座。ホールに着いてネタ帳を見て、その日の演目を決める。昭和56年から平成12年まで毎年繰り返されました。選ばれた演目は多彩。めったに聴けないような珍しい演目に観客が大喜びすることも。しかも、独演会なのでマクラにかける時間もたっぷり。世の中の出来事を織り交ぜたマクラで惹きつけ、頃合いを狙って本題に――。名人の真骨頂を存分に堪能できたのです。その独演会での全39席※すべて未発表の蔵出し音源をCD20枚に収めたのが、永久保存版《古今亭志ん朝 県民ホール寄席》です。どれをとってもピカイチ。志ん朝円熟の芸の極み。とことんのめり込めます。あなたのコレクションにぜひお加えください。
    ※前身の独演会での高座(昭和53年)もあわせて収録。

    古今亭志ん朝
    ………………………………………………………………………………………………………
    昭和13年生まれ。父は五代目の古今亭志ん生。入門から5年目という異例のスピードで真打に昇格。テレビ、映画等でも多才に活躍。独演会のチケットは即完売するほどの人気。平成13年、惜しまれながら63歳の若さで逝去。


    商品仕様
    仕様
    CD20巻セット、解説本付、化粧箱入り
    発売元
    日本コロムビア株式会社
    すくない 暑い